FC2ブログ

羞恥と苦痛、そして…

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

首輪②

こんばんは。
昨日の風と雨は凄かったです。電車が一時止まっていたので
結局終電近くまで仕事をしてました(^_^;)

今回は首輪ということですが、全裸に首輪ではなく
制服に首輪という組み合わせです。
首輪はいろんな服装にマッチすると思いますが、個人的には
全裸か制服ですね(笑

全裸は文字通り家畜とか奴隷のイメージと重なりますが
逆に制服はミスマッチな分、背徳感がより強まるように思います。
それにコスプレの中でも制服は鉄板ですからまさに最強の
組み合わせです。

場所は校内で(保健室か医務室がメイン)、最初が体操着で
後半に制服となっていますが、細かい点は目をつぶりましょう(笑
最初の体操着でビンタもお気に入りです。
制服がそうさせるのかもともともとの顔だちなのかは分かりませんが
制服が似合う印象の子ほど、M度が高いように感じます。


保健室の女子校生


こちらも最初は制服で縛られていて、制服と首輪は後半に出てきます。
正座でビンタやフェラなども時間は短いですがお薦めです。
おそらくSMを最初に意識するようになったのが写真の1つが制服で縛られた
女性だったのが影響しているのかなあとも思ったりします。



縛られた女子校生

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

ボディペイント

こんにちは。
樹木がライトアップされたりツリーも見かけるようになり
年末が近づいた感じがします。

ということで装飾つながりで、今日は「ボディペイント」に
ついて書いてみようと思います。
私は絵心がないので文字などの落書きは別としてちゃんとした
絵を描けないのですが、いつかはやってみたいです^^

全裸と同様に街中を歩かせて周囲の反応をみたいですが、
日本ではかなり難しくなってしまいましたね…。
とうことでまずは海外の動画ですが、全裸でも陽気な反応が
多いですし周囲が気が付いていない様子が逆にドキドキ
させられます。


全身ボディペイント

こちらは野外ではなく室内プールですが、お客さんもいますし
遠回しで盗撮的な雰囲気は臨場感があります。
また水着もきちんとペイントされているだけでなく、首のリング
などの小物もリアリティが高くてこれなら海水浴など外に連れて
いってみたいです♪


全裸に水着ペイントでプールサイドを歩かせる!

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

水着②

こんにちは。
朝晩は冷えてきましたが、日中の日差しの温もりが心地よく
感じられるこの頃です。

そうした季節感を無視して(笑
水着を取り上げたいとおもいます。
昨日もある番組でセクシータレントに
「売れたいならスタジオに水着で来て注目されようとか
思わないの?」と問いかけている場面がありました。

そのタレントは水着は雑誌とDVDでと笑って答えていましたが、
やはり衣装と水着は気持ちの面からもずいぶん違いますね。
全国で放映されるテレビはいわば公開露出のようなものですから…。

おまけでもう1人のタレントはDVDの撮影で準備されている水着の
布の面積がだんだん少なくなっていって、ある時には水着さえ用意
されていなくて布とかで隠してとなっていったと話していました。

水着はやはり海岸で海水浴だからこその「衣装」であるからこそ
そうでない日常で見かえると違和感=注目をより集めるのでしょうね。
それでは非日常の誤った着用方法です(笑

こちらは同じ水着で電車に乗っていた女性のコンビニバージョンです。
コンビニもある意味閉ざされた空間ですし、レジで人と接触しなければ
ならないのが羞恥を高めると思います。


水着で街を歩いてコンビニで露出

こちらはオーソドックスですが、後半は……です♪
全裸ももちろんよいのですが、水着で晒され露出するというのも
全裸とは違った恥かしさになりますね。


商店街で露出歩行

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

四つん這い②

こんにちは。
週の始めは寒くなったと思ったら、ここ数日は穏やかですね。

「形から入る」というコトバを皆さんはどう思いますか?
物事の意義や内容を理解できてこそ、それが形=格好にも
影響するというのが本来で、その逆である「「形から入る」は
よいニュアンスでは使われないようですが、悪いことばかり
ではないように思います。

そうしたカタチのなかで「四つん這い」はとても意味がある
と思っています。
屈辱や惨めさはもちろんですが、自分自身と向き合うことで
自分の中のM性を自覚するのではないでしょうか?

四つん這い1

こんなことしたくないとか何でこんなことしているのだろう
ではなく、させられるではくしなくてはいけない、自分が
望んでこうしているという気持でこそ、その先へと進んで
いけるのではないかと。

四つん這い2

なので「四つん這い」や「正座」は命令してさせるのではなく、
常にそうした姿勢でいるようにしていきました。

四つん這い3

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

呼吸

こんばんは。
急に寒くなってしまいましたね。ホットカーペットでは寒いので
慌ててコタツを準備をしました(笑

今日は呼吸について語ってみたいと思います。
首絞めや呼吸抑制(袋を被せたりして呼吸を困難にする)は
今でもあまり興味はないのですが、あるビデオを見てから
首吊りと窒息にはドキッとさせられるようになりました。

以前も書いたかもしれないですが首に縄を掛けて上に引上げ、
爪先立ちの状態で固定するという「首吊り」が衝撃でした。
爪先立ちを続けていれば呼吸はつながるけれど、踵を降ろすと
首が絞まり呼吸が苦しくなる…どっちにせよ解放される状況に
ないのとじわじわと追い込んでいく様がツボでした。

ただし梁とかのあるホテルもなかなかなく、彼女の自宅で
ぶら下がり健康機を使ったりしていました。
(あるホテルチェーンは正式な梁ではないですが、ベッドの
 四隅に柱が立っていて、ベットと同じ長方形で柱が通って
 いるのでベットに座らせて活用していました)

そして今回はそのつながりで呼吸です。
まず最初は水責めでまさに浸けているだけで派手さは
ないですが、確実に呼吸をとめられるのと特別な準備が
不要でホテルでも自宅でも可能なのがポイントです(笑


水責め

こちらは変化球です♪
水ではなくザーメンで呼吸を止められるというのが、
ありそうでないと思います。フェラやイラマチをなどで
喉を塞いで呼吸が困難になるというのは多いですが…。



ザーメンで窒息


Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

おしっこ②

こんにちは。
東北の方に行ってきましたが、紅葉真っ盛りでした。

今回はおしっこを取り上げたいと思います。
おしっこだけでももちろん恥ずかしいですが、さらに全裸の
羞恥を追加するのも好きです。

例えばおしっこだけだったら我慢できなかったとか
体調が悪いとか言い訳が出来ないこともないですが、
それが全裸だったらどうあっても言い訳もできない
ですからね…。

こちらは明るい表情で羞恥を楽しんでいる感じが
伝わってきます。
また人はそれほど多くはないですが、全裸露出をしている
時間も長いのも見どころです(笑


美女が全裸でお散歩・野外露出・おしっこ!

少しオーバーかなあとも思いますがこちらは逆に羞恥の表情が
伺えます。こうして恥ずかしがっていると更に羞恥を与え
たくなりますし、最初のように余裕があれば追い込んでいきたく
なります。
ということは…どっちでも結果は同じですね^^


お姉さん野外で放尿


なかなか環境も厳しくするのが難しいですが、今でもこうした
羞恥を与えたい思いは変わらないです。

Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

首輪

こんばんは。
連休は東北に行ってきましたが、紅葉シーズンと重なって
渋滞でヘトヘトです(苦笑

今日は「首輪」です。
まずは嵌めるという行為だけでも気持ちにも大きく影響しますし、
普通の服装でも首輪があれば羞恥(露出)にもなりますからね。
あとはリードも着けると姿勢も引かれたり四つん這いになります
から…。

あとは首輪は色も種類も様々ですが、私はシンプルに黒で犬用のが
好きでした。リードは鎖で南京錠で首輪とつなぐことが多かった
です。

まずは服を着ているシーンから。
ある事件が起こってからは手錠や首輪は人前ではし難くなって
しまいましたが、一目でSMって分かりますから露出にもなります。
また、首輪の根元を握らせるのも好きな姿勢です。

首輪1


こちらはリードはないですが姿勢と表情が気に入っています。
首輪も大きめで不釣り合いですが、かえってこのアンバランスさが
似合うと思います。
また最初の画像とも共通しますが、ウンチングや正座あるいは
四つん這いは視線が見上げる姿勢となりますから、自分の置かれた
立場を再認識していたようです。

首輪2





Category: 雑記

Comment (0)  Trackback (0)

落書き②

こんにちは。
「いろは坂」の名前をニュースで聞くと秋の深まりを
実感させられます。

秋といえば芸術。
絵心のある人は羨ましいです、自分は全くないので(苦笑
先日、とあるイベントで著名なイラストレーターの方が
さらっとリクエストされたイラストを描いていたのですが
まさにマジックでした!

ということで芸術とはほぼ関係ないですが「落書き」に
ついて書いてみることにします。
落書きの惨めさの根源は猥雑=猥褻さ、色のアンバランス、
絵の汚さだと思います。
もっとも絵は上手に書こうと思ってもかけないですが…。


[落書きプレイ]

あとは書く過程も好きで、自分で書くのはもちろんですが
書かせるのを眺めるのも好きです。
さらには背中など自分で直接見えない場所に書いて、そのまま
帰らせて家に戻って自分の姿を確認させたりもしていました。


落書き痴態

また落書きの姿を露出させるのもいいですが、露出せずに
落書きしたままで過ごさせるのも好きで、落ちないように
油性のマジックで書くことも少なくなかったです。

プロフィール

りょう

Author:りょう
羞恥や苦痛、屈辱などこれまでの
記録やSMへの思いを綴ってみようと
思います。

メールはこちらから↓

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス数
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。